台風17号2019京都(関西)にいつ上陸?影響と現在地を最新進路予想から確認




2019年9月19日に台風17号発生!今後の進路予想は?京都への影響と上陸はいつ?

2019年9月19日(木)現在、台風17号が発生のニュースが舞い込んできました。

このブログでは、台風17号発生のニュースを受けて

・台風17号の今後の進路が気になる方
・台風17号の現在位置と被害状況を知りたい方
・京都への上陸がいつで影響が心配な方

上記の方に向けて主に記事を書いていきます。
台風17号2019の現在位置や進路予想を米軍とヨーロッパ、気象庁の最新情報をもとに調べてご紹介していきます。



台風17号2019 現在位置

まず初めに台風17号の現在位置について見ていきたいと思います。

2019年09月20日15時45分現在の位置は「宮古島の南東約270km」
具体的な台風17号の現在位置は気象庁が情報公開する以下図をご覧ください。

台風17号 名称「ターファー」
進行方向 北西
速さ ゆっくり
中心気圧 985hPa
最大風速 25m/s(50kt)
最大瞬間風速 35m/s(70kt)

宮古島や石垣島、久米島ではすでに暴風雨となり台風の影響を受けています。

ゆっくり勢力を強めながら北上する台風17号。
日本列島を縦断することも発表されており、なるべく早くの台風対策が重要です。

それでは、台風17号の今後の進路をどのように辿る予定なのか。進路予想が気になります。
次から米軍の合同台風警報センターとヨーロッパ中期予報センターに公表される台風進路予想情報を元に調べていきたいと思います!



台風17号2019 今後の進路予想

台風17号の現在位置が分かったところで、
次に台風17号の今後の進路予想について調べていきます。

台風の進路予想情報が掲載される以下サイト、

台風の進路予想情報サイト

・米軍合同台風警報センター(JTWC)
・ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)
・気象庁

上記3つの情報から台風の進路予想を調べていきたいと思います。

進路予想を調べる理由は京都への影響と上陸可能性があるのかの確認をするためです。
少しでも可能性があれば台風対策を早急に行わなければなりません。

台風17号の進路予想を確認した上で台風対策を取りたい方も参考にしてください。



米軍合同台風警報センター(JTWC)の進路予想

まず米軍合同台風警報センターの進路予想についてです。

米軍合同台風警報センターとは「Joint Typhoon Warning Center(JTWC)」と呼ばれ、台風、熱帯低気圧について監視、警報を発するアメリカ合衆国 ハワイ州に本部を置く機関になります。

このJTWCによれば、台風17号の進路予想は以下図のようになります。

九州から日本列島を縦断する進路を進みながら北海道に上陸。
そのため、沖縄・九州だけでなく近畿地方や関東地方にも台風の影響は避けられない状況です。

米軍進路予想では、京都、関西には9月23日前後に急接近する恐れがあります。
進路が関東よりの東北東の進路になってしまうと京都に上陸することも考えられます。

いずれにしろ台風対策は必須で事前に準備しておくようにしましょう。

ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)の進路予想

次にヨーロッパ中期予報センターの進路予想についてです。

ヨーロッパ中期予報センターとは「ECMWF」とも呼ばれ、台風や気象データを集めて予報の向上させるなど目的に設立された国際組織になります。

このECMWFによれば、台風17号の進路予想が以下図になります。

【9月21日(土)】

【9月22日(日)】

【9月23日(月)】

台風が最も日本列島に急接近する9月21日から23日までの進路予想図です。

米軍進路予想と同じく9月22日から23日にかけて本州を縦断。
特に23日に京都、関西には急接近する恐れが強まります。

台風対策の準備は前日までには行っておきたいです。
子の場合、9月21日までには備蓄品や台風に備えた家の補強など準備を整えておきましょう。

気象庁の進路予想

最後に気象庁の進路予想についてです。

気象庁では台風発生後、5日間の進路予想図が発表されます。
台風17号の5日間の進路予想は以下図の通りです。

9月23日午前9時に中国地方の北側、日本海に進路を向ける台風17号。
つまり、23日過ぎから関西、京都に急接近する進路予想になります。

暴風警戒域にはかろうじて京都は含まれていませんが、少し進路が関東よりにずれればさらに影響はひどいものとなるでしょう。

台風17号2019 現在の東京と沖縄の影響をライブカメラで確認

台風17号の進路予想が分かったところで、現在の空のリアルタイムの様子も気になりますよね。

「東京」「沖縄」の空をそれぞれ所定の位置に設置されたライブカメラを用いてリアルタイムに状況をご紹介していきます。

東京の現在の空を捉えたライブカメラ

沖縄の現在の空を捉えたライブカメラ

台風17号2019 京都への影響

台風17号2019の現在位置と進路予想が分かったところで、結論京都への影響についてまとめると

・京都に急接近する日は「9月22日以降」
・京都への影響は受けると予想。大雨、暴風、高波の可能性は9月22日から23日にかけて
・特に23日は暴風に要注意

9月24日までの警報情報と現象について最新情報が気象庁から公表されました。

京都、近畿地方が影響を受けるのは9月22日以降。
特に23日は暴風の可能性が非常に高いことが示唆されています。

また、JR西日本列車では台風17号の影響で9月22日夕方以降、列車の遅延や急遽行き先変更などの影響が発生する可能性があることが公表されています。

さらに、台風17号接近に伴って切符の変更や払い戻しに無料で受け付けることがJR西日本から発表がありました。

新幹線、在来線利用予定の方はご確認ください。
京都在住の方、これから京都へ観光や仕事で出かける予定の方は、台風情報や気象状況には十分ご留意ください。



台風17号2019 京都の被害状況

ライブカメラでも現在の天気、状況が把握できたかと思いますが
次に台風17号2019の影響による京都の被害状況について見ていきたいと思います。

台風接近が懸念される日から毎日、日ごとに台風の影響と被害状況を確認してまとめていきます。
現地のリアルな状況を配信していきますので、気になる方、これから京都に旅行に出かける方も参考にしてみてください。



9月20日の被害状況

9月20日の被害状況は以下の通りです。

台風17号による被害は現時点では見受けられません。
しかし、台風の影響で京都で予定されていたイベントが軒並み中止を発表しています。

中止を発表したイベントは以下の通り(確認できたイベント)
・バンク走行体験

参加予定だった方は中止になっていますのでご注意ください。

まとめ

台風17号2019に関する現在位置と今後の進路予想情報をまとめてきました。

台風の進路予想情報が掲載される以下サイト、
・米軍合同台風警報センター(JTWC)
・ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)
・気象庁

これらの情報をもとに台風17号の進路予想を調べた結果、
京都は9月22日から23日にかけて特に台風の影響を受けることが予想されます。

京都だけでなく関西やその他地方でも今回の台風17号の影響は受ける模様です。
事前に台風対策、避難場所の確認など備えに徹するようにしてください。

今後も台風17号の進路予想については情報を更新していきます。
台風17号の今後の進路が気になる方はぜひチェックしてみてください!

台風関連情報

台風17号2019に関する情報は以下ブログ記事からも確認することができます。